So-net無料ブログ作成
検索選択
「PA連携」がはじまります
SR8_5609.jpg
前の1件 | -

[更新]平石2(Pー5号) [宇都宮消防]

こんにちは。

超絶体調不良からの復活。
あー思いっきり消化の悪い美味しいものが食べたい・・・

さて、今回は約束通り新車ネタ[NEW]
年度変わってだいぶ経ちましたが


平成26年度車両更新特集の第1弾は

平石2(P−5号)
SR8_4247.jpg
シャシ:いすゞ エルフ
艤装:ジーエムいちはら
備考:災対、特記仕様(水難救助特化

 平石2の配備先である平石分署の管轄には分署のまさに直近に鬼怒川があり、水難救助事案が発生した場合、平石分署隊がキーになります。また、河岸のより川に近いところまで、比較的重量級の資機材を積載して進入していくためには、タンク車よりもポンプ車、つまり平石2が重要な存在になってきます。

 下の例年の車両を見てもらえば分かりますが、アオリがついて車上がフラットに。。。ここまでくれば用途はお察しですね。[船]
 最近ポンプと梯子で多いシャッター塗装無しかと思いきやなんと赤塗り。これは予想外。
 やっぱり赤いシャッターにこのマーキングは合いますね。
なーんで黒フチ強めにするとか文字屋さん気利かせてくれないのかな・・・
 シャシがエルフなのも予想外でした。

赤灯&アンプが一式パト(例年通り)なので、ここはパトリンクを…と期待したのですが、さすがにそこまでの余裕はなかったようです。(積載車はエアロホークでパトリンクになったんだけどなぁ・・・)

参考までに、例年の通常仕様車
SR8_2495 - バージョン 2.jpg
平成23年度車 中央5(P−12号) ジーエムいちはら製



SR8_4207.jpg
後部シャッター内は特に変わったところはなく。
側面のアオリには補助赤灯と作業灯。そしてボート固定用の金具。

SR8_4214.jpg
(逆光ごめんなさい)



SR8_4199.jpg
車載梯子は昇降装置無し。そのためこうして積み下ろしすることになります。


SR8_4190.jpg
SR8_4235.jpg
ホースカーがまた「特記仕様」です。
ノーマルのホースカー と ボートの船外機を載せた運搬車 を積み替えることができます。

が、
ここでひとつ問題が。

 下の船外機&運搬車の写真中の木箱が大問題。
 水難救助事案が発生したときにはボートと船外機以外にも資機材一式同時に積載していきたいところなのですが、、、「あれ・・・もう載らないじゃん!」という状況に。

箱の中身をバラして載せるとか、キャブ後席隊員乗車分を潰して…とか対策を考え中(※配備直後当時)だとかなんとか。


あくまで個人的に一マニアとしては、、、
SR8_7923.jpg
H25年度に更新したタンク車の平石1をショートボディー化&水難特化とかどうだったんだろう・・・と思わなくもなかったり。1台くらいタンク車にも変わりダネが欲しいかなっていう願望でしかないですけどね(笑)


 これから水難事故も増える季節ですし、新・平石2には、万が一の時その能力を遺憾なく発揮して欲しいところです。もちろん、事故がない、出動がないことが一番ですが。




さてさて、今年度はタンク車や化学車、梯子救工の更新無し[バッド(下向き矢印)] 更新はポンプ2台となっています。
更新対象は城山2富屋2の黒ホイールコンビですね。
SR8_5971 - バージョン 4.jpg
水難救助特化平石2と正反対?の山岳救助特化を期待しちゃったりして。


<引退となる車両>
旧 平石2
SR8_4219.jpg
平成11年 篠崎ポンプ製
 長年一般火災のみならず水難救助の要としても活躍してきた同車。長い間お疲れ様でした。



最後に、今回ご対応いただきました平石分署の皆様、ありがとうございました。
コメント(0) 
前の1件 | -
救工全車.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。